タグホイヤーの魅力

 タグホイヤーはスポーツをメインテーマとした腕時計ブランド。テーマにした人気ブランド。手ごろな値段でキリッとした存在感が魅力のブランド時計である。

カレラ

 タグホイヤーの腕時計で高い人気を誇るシリーズがこのカレラシリーズ。タグホイヤーカレラはカレースを本気で楽しむトップレーサーのための時計である。カレラとはスペイン語でカーレースの意。1950年代に5年間だけ開催された伝説のカーレース「カレラ・パンメリカーナ・メキシコ」にインスパイアされた時計。デザインはスポーツカーのインジケーターを彷彿とさせる。

カレラ

 タグホイヤーのモータースポーツとの強い関係性を感じさせるモデルにモナコの存在がある。モナコはタグホイヤーのなかで角型ケースをもつクロノグラフモデル。あの公道をサーキットとするモナコからインスピレーションを受け、1969年に登場した。スティーブマックイーンが映画「栄光のルマン」で着用していたことはあまりにも有名。

リンク

 タグホイヤーリンクはハードなスポーツシーンでも耐え抜く性能を持ちながらも、エレガントを忘れない。リンクの特徴はなんといってもそのブレスレット部分にあるだろう。特殊加工を施したS−リンクというコマによってブレスレットが構成されている。このリンクのコマ一つ一つがすべらかに加工されているためにハードなスポーツシーンでも手首にフィットすることが可能となった。リンクは若くして亡くなったF1ドライバー、アイルトンセナが装着していたことでも有名。

アクアレーサー

 ニューアクアレーサは2004年に登場した新シリーズだ。アクアがという名が示すとおり、ニューアクアレーサはダイバーズモデルであり、クロノグラフでありながらも300m防水を可能とした。また直径43mmケースも登場。選択の幅が広がった。

ゴルフウォッチ

 プロゴルファーのために作られた、ゴルフのためのプロフェッショナルウォッチがこのタグホイヤーゴルフウォッチである。開発協力は史上最高のプロゴルファーとも称されるタイガーウッズ。ゴルフプレーにおけるスイング時にも邪魔にならない設計が最大の特徴。

タグホイヤーの歴史

  タグホイヤーは1860年にエドワード・ホイヤーらがスイス・サンラティシエに時計工房を構えたのが始まり。1985年にタグホイヤーという社名に変更。タグホイヤーの時計は1882年のクロノグラフの特許から現在に至るまで数々の時計の革新を常に起こしてきた。そして、さまざまなスポーツシーンで活躍するスポーツウォッチとして知られている。最近はモータースポーツが熱い。