ロレックスの魅力

 ロレックスといえば憧れのブランド時計の代名詞。初めてロレックスを買うにはどこで買ったらいいのか、数あるネット上のロレックス取扱店より、厳選の安心ロレックス販売店を紹介します。また、ロレックスをシリーズ別にも分類しましたのでロレックスのアイテム選びにお役立てください。

デイトナ

 デイトナとはロレックスのクロノグラフ腕時計のこと。1960年代に初代モデルが登場。デイトナの正式名称は「コスモグラフ・デイトナ」1980年代までのモデルは手巻きであったが、現在は自動巻き。タキメーターにより時速400kmまで容易に計測ができる。バブル期はロレックスの象徴的なモデルであり、ステータースも高く、人気が高い。

サブマリーナ

 ロレックスサブマリーナは名前のとおり、潜水用の時計である。1926年にオイスターケースという完全防水を実現したロレックスは、他社に先駆けてさらに防水性を向上させた潜水用時計サブマリーナを1954年に開発した。サブマリーナは潜水用として初代モデルから100m以上の深さに耐ええる防水性を持ち、酸素ボンベの残量を確認できる回転ベゼルを備えている。サブマリーナの回転ベゼルは1970年以降逆回転防止機能も付加されますますの信頼性を高めた。

GMTマスター

 GMTマスターとは国際線用パイロット用に開発されたGMT時計で現在は1983年に登場したIIが現行モデルとなる。GMTとは「グリニッジ・ミーン・タイム」の略。GMT時計とは2カ国以上の時刻を同時に表示させることができる時計のこと。GMTマスターUの場合は3カ国が同時に表示できる。通常の時計部分である12時間針、そして1日で1回転する24時間針それに加えて回転するベゼルによって3カ国の同時表示を可能とした。またベゼルは上下が2色に分けられているので昼と夜が感覚的につかめる。ロレックスGMTマスターUは国際的ビジネスマンに愛されるプロのツールである。

エクスプローラー

ロレックス エクスプローラーTはエベレスト登頂のために開発され、1953年に発売された、スポーツモデル。そのエクスプローラーという名前が示すとおり、冒険家や探検家のために極限の状態でも本来の性能が失われない強固な設計となっている。2001年に現行モデルとなった。シンプルだがその根底にある信頼性がステータスを示す時計である。
 エクスプローラーUは1972年にエクスプローラーTの後継機種として登場。特徴はデイト表示、24時間針と24時間ベゼルによる2カ国同時表示が可能になるなど機能が付加し、さらにリューズガードまで追加された。しかし、それでいても堅牢なつくりは守られ、シンプルさも失われていない。アウトドアユースにはもちろんだが、スーツスタイルにもよくマッチングする人気の高いモデルである。

デイトジャスト

デイジャストはロレックスのスタンダードモデルに位置する人気が高いシリーズです。時計としてはただの日付つき時計に見えます。一般の時計では11時ごろからゆっくりと日付が変わるのですが、デイジャストの特徴は夜の12時に日付が瞬時に変わるところにあります。また、日付つき時計は1950年代にロレックスが世界に先駆けて発売した歴史もあり伝統というステータスをも備える。デザインはシンプルだが、装飾的な価値も高く最も広く愛されているシリーズともいえます。

ミルガウス

耐磁性の腕時計と言えば、IWCのインヂュニアが有名ですが、ロレックスにも耐磁性時計が存在しました。その名もミルガウス。いかにも強力そうな名前です。80年代後半まで生産されていたそうですが、現在は廃盤に。しかし、アンティーク市場ではその希少さも手伝ってか高い人気を誇っています。もうすぐ、ミルガウスの新作が発売される予定になってはいますが、アンティークもののミルガウスをチェックして較べてみるのも面白い。

アンティーク

 ロレックスほどアンティークが出揃い、それでいて人気が高い時計ブランドはないだろう。ロレックスアンティークにはその時代での最新の機構、デザインが楽しめる。年代が古くともロレックスのアンティークのテイストは決して古びない。永遠の時代を纏っている。

ロレックスの歴史

 ブランド時計メーカーロレックスは1905年ロンドンに設立される。ただしロレックスという名は会社名ではなくブランド名で1908年に登録されたもの。ヨーロッパのどの国でも発音が同じになる造語である。ロレックスの魅力は一貫して過酷な状況でも耐えうる強いケースを持ち、また機能性を有しつつもエレガントなデザインを持つことにある。ロレックスは世界でも最も愛されている時計ブランドの一つである。